専門職としてのやりがい

介護

専門知識を生かして働くこと

手に職をつけ、仕事に誇りを持って働きたいという人には、介護という仕事も一つの選択肢になりえます。超高齢者社会が到来したこともあり、介護は日本社会においてなくてはならない職業であると考えられているのです。それにも関わらず、深刻な人手不足に悩まされている業界であることから、新規参入がしやすく、資格さえあれば年齢に関わらず働きはじめることができるのです。広島市内にも多数の介護施設が存在し、日夜高齢者と向き合って仕事をしている職員がいます。介護施設は地域と密接につながっていることから、地元の人が施設で働くというケースも多く、それは広島でも例外では無いのです。介護職という仕事が、国家資格として認められたことで、専門知識を生かして働きたいという意欲の高い人材を集めることができるようになりました。以前は、専門職とホームヘルパーでは給与にも違いが見られませんでした。しかしながら、制度が確立されたことで有資格者のほうが給与面でも優遇されるようになり、働く意欲につながっています。求人募集でも募集要項には介護福祉士の資格がある方が、有利に働くことができるようになっており、職員のやる気に繋がっています。また、広島でも同様に国家資格を有していなければできない仕事もあるので、将来的に国家資格を取得することが、広島の介護分野で働く人達のモチベーションに繋がっています。働き方が改善されたことで、専門知識を持つ者が誇りを持って働けるようになりました。

Copyright© 2019 間違いなく成長産業で給与等の待遇も上がっています All Rights Reserved.